注目の18年12月FOMCは日本時間の20日/結果を追記

さて、FOMCが近いです。FOMCっていうのは日本でいう日銀金融政策決定会合みたいなもので、アメリカの政策金利を「上げる」「下げる」「据え置く」の決定をする会議なんですが、今回のFOMCでは「利上げ」されるのがほぼ確実視されています。  今回の論点はそこではなくて、来年の利上げペースはどうなるのか?  米国の中央銀行にあたる…

続きを読むread more

18/12/11までのCFTCの取り組みとか見てみる。<ヘッジファンドの動向>

12月のFOMCは利上げが確実それをようやく意識し始めたのか金市場は調整していますが、米国株式市場もとても不安定なため金は底堅い動きです。 <CFTCは先週の水~今週の火曜日までの集計>米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。それの買いー売り=差し引き残高をネットポジショ…

続きを読むread more

CFTCの開示がジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の服喪のために遅れるとの事

タイトルの通りなんですが、鮮度が悪くなってから開示されてもあんまり価値がないので集計は来週まとめて行おうと思います。 相場概況はひとつ前の記事に書いた通りなのですが 株式が全般に振るわないこともありゴールドは上伸しています。しかしこれは先物主導の上げで金ETFにニューマネーが流入しているわけではなさそうです。 そして雇用統計の結果…

続きを読むread more

2018/12/7(金)日本時間22:30 雇用統計

今週はアルゼンチンで行われたG20で米中会談が行われ「貿易戦争の90日間停戦」が謳われました。これにより売り込まれていた株は1日だけ上昇しましたが、その後が続かず下落。 金は先物主導とみられる上昇中(90日停戦ごときで上昇するとは想定外)ですが、金ETFへの資金流入がまだ観測できていません。 そんななかで7日(金)22:30に雇用統…

続きを読むread more

18年11月27日までのCFTCの取り組みとか見てみる。<ヘッジファンドの動向>

 今週の金相場は今週末行われるG20で米中首脳会談が行われることから金は弱含みでスタートしました。その後FOMC議事録発表があって金は回復しましたが、G20は現在進行中なので月曜日にどっちへ向かうかわかりません。  国際金相場はドル建て取引なので、ドル価格の影響を受けます。  G20の米中首脳会談で現在の「米中貿易戦争」が改善するこ…

続きを読むread more