金相場の要注意日 FOMC

アメリカの中央銀行にあたるFRBが行う Federal Open Market Committee 連邦公開市場委員会 の頭文字を取ってFOMCというのですが、平たく言うと米国の政策金利を決める会議の事です。 インフレしそうなら先回りして金利を上げて、景気がやばそうなら金利を下げる 主にそれだけのお仕事なのですが、ドルに…

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

激動の2018年でしたが何とか年を越えることができました。今年は攻めに転じたいですね。 〇金相場の長期概観<2015年末~2018年末までの週足チャート> 2015年末の安値と2018年8月安値つないで下値抵抗とした場合、2019年末は1222ドル/オンスが下限となります。 ということで、下がっても年末にはそこで止まる…

続きを読むread more

CFTCの取り組みを見たいけどCoTが開示されません。 そんなわけで年末ラリーがどこまで伸びるか?

CFTCがCoTを開示しないのは米政府シャットダウンの影響だそうです。そのため市場概況のみ記しておきます。 先週の開示以降金相場は順調なラリーを続けております。とくに24日以降は市場の流動性が薄いので値が軽く動きます。 年末のラリーは今年で4回目になります。4匹目のドジョウですね。下の図は週足チャートで2015年以来の年末ラ…

続きを読むread more

18/12/18までのCFTCの取り組みとか見てみる。<ヘッジファンドの動向>

12月のFOMCを通過。来年の利上げ回数は3回から2回に見通しが変わりました。 市場参加者は来年の利上げ回数0を期待していたので、株式市場はメタメタに下げています。 これはゴールドにとって追い風です。 <CFTCは先週の水~今週の火曜日までの集計>米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を…

続きを読むread more