ポジションを仕切り直し>再びショートストラングルへ

19年3月31日の記事用2.png

 金相場のみを切り取ってテクニカル分析をすると上昇チャンネルは3/1に敗れており、ドル建てゴールドは今回も1350ドル/オンスを取り返すことができていません。

 例年のことを考えるとこの後はトレンドを形成することなくグダグダするのでマイナススワップを食い続けるCFDのポジションをクローズして、ショートストラングルを組むことにしました。

19年3月31日の記事用.png

 ショートストラングルとはプット売りとコール売りの組み合わせで、強く現状維持を望むポジションです。
相場が上昇しすぎても、下落しすぎても損失が出ます。

・1370コール売り・・・プレミアムは18.40USD/オンス
・1280プット売り・・・プレミアムは18.45USD/オンス

なのでコール・プット双方合わせて37.05USD/オンスのプレミアムを得ています。
これにより損益分岐点は上が約1407ドル/オンス、下が約1243ドル/オンス

ゴールドはファンダメンタル的に下は堅いとみているため下落に対してはノーヘッジで。
上昇は1350ドルあたりでヘッジを考えています。



そうそう、一時は210万円をマークした口座状況ですが、ここしばらくジタバタしたせいで結構傷んでしまいました。
ここから再度仕切り直しです。
19年3月31日の記事用3.png


この記事へのコメント