年末ラリーの再現性について池水雄一氏が語っていました。


42分ごろから

池水雄一氏はICBCスタンダードバンクの東京支店長で、貴金属業界では豊島逸夫氏と並んでメディア露出の多い人です。
豊島逸夫氏が現物のbuy and forgetを推奨するのに対し、池水氏は先物取引のような比較的短期のトレーディングの情報を提供することが多くあります。

 池水氏によると過去12/23にゴールドを買って1/11にゴールドを売ると平均30ドルの値幅が取れたそうです。 発生回数は過去17年で16回!

 これは理屈では説明がつかない「アノマリー」であり、経験則として感じてはいたのですが、さすがに過去何年も遡って具体的な期間と値幅まで調べる気にはなりませんでした。さすがは池水氏ですなあ

 これだけ発生確率があるのならアノマリーではなくてなんらかの蓋然性があるのかもしれませんが使えるものはイワシの頭でも使う方針ですので今年の年末にやってみることにしましょう。






この記事へのコメント

2019年02月03日 13:24
私が視聴しているディスカバリーチャンネルで放映されている「ゴールドラッシュ~人生最後の一角千金」という番組が有るのですが、撮影地が金産出ランキング5位のカナダにある、ユーコン準州・ドーソンシティ近郊なんですよ。
で、冬になると水も地面も重機も何もかもが凍結してしまうため、夏の短い間しか採掘出来ない、と番組内で何度も言及しています。
季節による供給量の変化、とか関係が有るのかもしれませんね。


※FRBが「今年の利上げ考え直すわ」と言ってくれたおかげで、私のVIX指数ETFが助かりそうです!もうちょっとでプラ転・・・っ
Mike.T
2019年02月03日 22:35
鈴木あぶらさん

 いつぞやのVIXショート、その後どうなったのかと思っておりましたがそうですか。もうすぐ救出ですか!

 あとはどの程度の利益でポジションをクローズするかですね。