今晩は雇用統計です。22:30より(結果を追記)

2019/01/04 12時現在
ドル建てゴールドは1300ドル/オンスまであと少しの位置です。
19年1月9日の記事用1.png

でも今晩、雇用統計があるんです。
大勢に影響はないとは思うのですが調整の切っ掛けになるかもしれません。

・非農業部門雇用者数 前回+155千人 予測+184千人 結果+312千人
・失業率       前回 3.7%  予測3.7% 結果3.9%
・平均時給(前月比) 前回+0.3% 予測+0.3% 結果+0.4%
・平均時給(前年比) 前回+3.1% 予測+3.0% 結果+3.2%


なんじゃこりゃっ めっちゃくちゃ強い

これをうけてXAU/USDは下方向へ チャートは5分足
19年1月4日の雇用統計.png


基本的なゴールドの向きは上で良いと思いますが、これで一旦調整に入るんじゃないかな


一夜明けて
<日足チャート>
19年1月5日の記事用1.png

終値は5日平均線できれいに止められました。
これは雇用統計後のパウエルFRB議長の講演によるところが大きいようです。

怪物的に上振れした雇用統計で身構えたマーケットが恐れるものはFRBの利上げなのですが、「予定通り」の利上げをするのではなくいろんなことを柔軟に考えて決断するという内容をアナウンスしました。

これがため金利に敏感なゴールドも5日線で止められたとみています。

株式も反発しましたが、これが長続きするかどうか?
株が崩れるとゴールドに資金が流入しますが不景気色がその他指標に表れている今、できれば株には崩れてほしくないのが会社員としての私の立場








この記事へのコメント