後退戦9 <ショートストラングルの後始末>

この記事はこの話の続きです。
〇後退戦1
〇後退戦2
〇後退戦3
〇後退戦4
〇後退戦5
〇後退戦6
〇後退戦7
〇後退戦8



masaki0I9A4901_TP_V.jpg


今週はCFTCが週末のCOTの開示をお休みしているもんでアップロードするネタに困るため
ショートストラングルの後始末を載せようと思った。


<18/11/4 後退戦8の時点>
18年11月5日の記事用2.png

<18/11/23 マーケットクローズ>
18年11月25日の記事用1.png

前回よりもゴールドの水準は10ドル低い1220ドル/オンス台でなかなか上に行けません。12月のFOMCを通過するまではチャートを上に切るのは厳しいか。

というのも

2015年
2016年
2017年

と12月FOMC前に金相場は底を打って、FOMCで利上げが決まると材料出尽くしで反転上昇するという動きを見せています。

3回起こったので4回目があるかどうかわかりませんが


CMEのFedwathを見てみると
18年11月25日の記事用2.png
12/19のFOMCで利上げが起こる確率を74.1%とマーケットは判断しています。


Fedwatchについてはこの過去記事参照


伝わってくるニュース記事などから朧気ながら伝わってくる空気は12月のFOMCはFRBは意地で利上げをする。
しかし
現在の利上げサイクルは来年にはストップするんじゃないか?
というもの。


経済学の公理を思い出してください。
「高金利通貨は下落する」

米ドルはすでに高金利通貨です。
それがこれまで下落せずに踏ん張ってるのは「利上げ期待」を燃料に上昇してきたわけで、その燃料が停止すれば・・・どうなるかわかりますね?











この記事へのコメント