プット売りの種類>ターゲットバイイング、キャッシュセキュアードプット、ネイキッドプット




 だれかの代わりに重いものを運ぶとします。
nimotsu_hakobu_man.png

物理現象としては荷物の位置が変わるだけですが


・親切心
・バイト代目当て
・下心

 などなど運んでいる人の意図によってその行為の性質は変わってきます。
これと同じことがオプションのプット売りにも言えることでして・・・・




プット売りの物理現象は「オプションプレミアム分儲かる」
というものです。しかしやっている人の意図によって

・ターゲットバイイング
・キャッシュセキュアードプット
・ネイキッドプット

に分岐すると考えます。(Mike.Tの解釈です。)


・ターゲットバイイング
 オプションの売り手の意図が「買い指値」である場合のプット売りはターゲットバイイングと呼ばれます。

・キャッシュセキュアードプット
 ターゲットバイイングとほぼ同義ですが、レバレッジを効かせずに丸代金を用意している場合です。
 これが一番安全性が高いです。

・ネイキッドプット
 背景となる原資産を持たない状態でオプションを売っている場合。往々にして高いレバレッジがかかっており
 権利が行使された場合の引き受け能力がない。



 私の場合はターゲットバイイングのつもり


この記事へのコメント