18/08/03 雇用統計(追記あり)


先ごろ雇用統計の発表がありました。

非農業部門雇用者数(NFP)
前回+248千人 予測+193千人 結果+157千人

失業率ぜ
前回4.0% 予測3.9% 結果3.9%

平均時給(前月比)
前回+0.1% 予測+0.3% 結果+0.3%

平均時給(前年比)
前回+2.7% 予測+2.7% 結果+2.7%


NFPが下振れしたためひとまずドル売りの反応が出ています。ゴールドもそれに反応して買われているようです。
結局どう動くかは明日の朝に答え合わせまでわかりませんがひとまずゴールド頑張れとしか言えませんな。





18年8月3日の記事用1.png


 雇用統計結果の解釈について今回は論者によってマチマチのようで、「大勢に影響がない」とみる向きもあれば「弱い! 失望した」という意見もあります。

 ドルインデックスは95.16で引けていてついに終値ベースで95に乗っており、ドルは相変わらず強いといえます。


 一方ゴールドはロンドン時間から持ち直してきており、雇用統計で上げが促進されたような動き方でした。ドルのショートカバーが雇用統計で少しだけ発生したのだと私は解釈することにします。

 連続的なショートカバーが起きると良いのですが


この記事へのコメント