アマゾン・ヤフオクの金インゴットの使い道はあるのか?

 金現物の値段は世界共通一物一価というのは建前であるとはいえ貴金属商で売買する分にはよく守られていると思います。

過去記事になりますけど
「これから金を買うんだけどどこで買う?」

この記事に出てくる業者で売買する分にはレートは一緒。(菱刈鉱山のせいで三菱がちょっとだけ安いという話もある。)家から近くて手数料の安いところで取引すれば良いのですけど


 意味がわかんないのがアマゾンとヤフオク
yuseiIMGL2373_TP_V.jpg
試しに「金 インゴット」でサイトを検索してみると貴金属商で買うよりも2割は高値で出品されております。

 こんなの一体だれが買うのか不思議ではありますが需要があるからやっているわけで、アマゾン、ヤフオクについてはクレジット払いができるという点がメリットですかね。ヤフオクの場合はTポイントで決済もできるという。


 いろいろ考えてみたものの、この不当に高いインゴットってクレカのショッピング枠現金化しか使い道がないのではないか?

 それにしたって新幹線回数券のほうがまだ条件が良いような気がするのですけどね


 もしくは法人が利益を圧縮するために法人カードでアマゾンで買い物して、簿外に金を逃がすなんてことができるんだろうか?

 つまりアマゾンから買ったインゴットを経費(消耗品費あたりで)で計上して、インゴットをどこかで売れば簿外に金が逃げますね。

 これもどちらかというと新幹線回数券のほうが条件が良い案件だとおもうのですけど・・・


 詳しい人、教えてください。 





この記事へのコメント