18/2/20までのCFTCの取り組みとか見てみる。<ヘッジファンドの動向>

 今週の金相場は火曜日にドルが反発して金は下落しました。やはり相場の景色はすぐに変わるものですね

 米株式市場が落ち着きを取り戻し、イエレン氏最後のFOMC議事録が公開されたことで再びFFレートの利上げが意識された格好かと思います。


18年2月25日の記事用1.png
<CFTCは先週の水~今週の火曜日までの集計>

米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=差し引き残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。


18年2月25日の記事用1.png

大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)


07/03   93799 →1222.4ドル/オンス →846.28936

07/11 60260 →1215.8ドル/オンス →832.39075

07/18 60138 →1241.1ドル/オンス →821.44798

07/25 90831 →1249.8ドル/オンス →800.45113

08/01 129672 →1269.1ドル/オンス →791.87528

08/08 148837 →1259.0ドル/オンス →786.86898

08/15 187734 →1271.0ドル/オンス →791.0082

08/22 208438 →1285.4ドル/オンス →799.2684

08/29 231047 →1309.1ドル/オンス →816.43219

09/05 245298 →1338.2ドル/オンス →840.08011

09/12 254760 →1330.4ドル/オンス →838.63959

09/19 236089 →1310.5ドル/オンス →846.0283

09/26 212594 →1294.4ドル/オンス →862.57806

10/03 203855 →1276.6ドル/オンス →854.3042

10/10 200112 →1288.4ドル/オンス →858.45033

10/17 200724 →1284.8ドル/オンス →853.13193

10/24 191385 →1276.4ドル/オンス →853.13193

10/31 193095 →1270.5ドル/オンス →850.76856

11/07 195760 →1275.3ドル/オンス →844.2731

11/14 195084 →1280.1ドル/オンス →843.38694

11/21 201827 →1280.0ドル/オンス →843.38694

11/28 224417 →1293.3ドル/オンス →839.5478

12/05 173329 →1266.3ドル/オンス →845.46848

12/12 107068 →1244.2ドル/オンス →842.8109

12/19 113795 →1261.5ドル/オンス →836.02001

12/26 135948 →1282.3ドル/オンス →837.4962

<2018年>

01/02 163268 →1316.8ドル/オンス →休場

01/09 203288 →1313.0ドル/オンス →831.90785

01/16 211711 →1340.5ドル/オンス →828.95606

01/23 214684 →1340.5ドル/オンス →849.32149

01/30 207262 →1337.7ドル/オンス →845.48491

02/06 190877 →1322.8ドル/オンス →829.26491

02/13 175606 →1329.0ドル/オンス →823.65816

02/20 190922 →1330.0ドル/オンス →827.78883NEW

 金先物の枚数は約2万5千枚の増加です。SPDRゴールドシェアも4tの増加
でも金相場は下落している。データ的には読み方が苦しいですね。


18年2月25日の記事用2.png








この記事へのコメント