投機筋が金ショートを解消しているんだろうな。


12月FOMC通過後一方的な金の上昇が続いています。

日足チャート 黒が金/ドル オレンジがドル/円
17年12月27日の記事用1.png


これと同じ現象は2015年、2016年とありました。

今回のは3匹目のドジョウなわけです。

昨年と同じ推移をするなら1月中旬まではこの上げが続きますが相場に絶対はありませんので今回の動きをお楽しみに~としか言えません。

この反発で動いた値幅は2015年の場合は約100ドル/オンス、2016年の場合で約70ドル/オンス

先物の枚数の状態から推測するに今回は2015年のような100ドルの値幅はちょっと難しいかもしれませんがそれにしたって充分な値幅が取れると思います。

私の場合はプットオプションの売り手ですからどれだけ上昇しても利益はオプションプレミアムに限定されてしまうんですけどね。




この記事へのコメント