初心者向けにオプションの売りを書く。

「プットオプションの売り」

というセリフがある時期からこのサイトで頻出するようになっております。
解説記事をオプションカテゴリで書いてきたつもりですが、先日友人に紹介しようとして自分の記事を引用しようとしたら全く使えるものがなくて愕然としました。

そんなわけでオプションの説明を再チャレンジします。

<例えば海外旅行に行くとき>

PAK_HANEDA0I9A2786_TP_V.jpg

海外旅行傷害保険に入りませんか?

 アジアに3日の滞在だと1500円前後ですね。
以前東南アジアに20日を買おうとしたら存外に高くてびっくりしたわけだ。

 ところでこの保険買ったは良いけど殆どの場合無事に楽しい旅を終えて帰国するわけでして、そう考えると保険の売り手はえらい儲かるんじゃないか?




<プットオプションとは相場下落に対しての掛け捨て保険>

 どんだけ相場が下落しようとある期日に約束した価格で買い取って貰える保険なわけですな。

それで私はこれの売り手になることで資産運用を測らんと思っています。

max16011556_TP_V.jpg

<具体的にどうするの?>


1>サクソバンク証券にFX口座を開設する。
2>通貨オプション取引の申し込みをする。

 だけなんですが、IB証券でもできるみたいです。
IB証券は貴金属オプションを日本人向けには開放していないようです。株式のオプションは可能な様子。

 使い心地は未知数ですが東岳証券でXAU/USDのバニラオプション売りができるようです。
ここは「買い」ができない珍しい仕様ですが私の使い方なら問題なさそうな気がする。




<いろんな行使価格といろんな満期があるんだけど・・・>


17年10月22日の記事用1.png
ですよねー。画面外にもたくさんありますもの。
最長で6か月先の水曜日までのオプションを売買できます。
プットは画面の左側にならんでいます。

 個人的には満期まで3週間位までのものが時間経過による保険価値の低下(タイムディケイといいます)が著しく思いますのでそのあたりのオプションを売れると良いです。

 でもアンマリ安値で旨味が無い場合は満期の期間を少し伸ばします。
 この時FOMCや雇用統計なんかが挟まらないようが良いでしょう。

FOMCについては

雇用統計について

 行使価格についてはお好みでとしか言えませんが現値から安く離れたところ(OTM=Out Of Moneyと言います。)にするべきです。


<必要資金は?>
 金オプションの最低サイズは10オンスですのでレバレッジをかけるのがイヤな方は今の相場で130万円くらい。

 50オンス未満の取引だとミニマムチャージが10ドルかかるので私の場合は150万円入れて50オンスのプットを売っています。
 これだとレバレッジは約5倍ですね。

<どんなタイミングで売るの?>
 金相場が下落して底が確認できたタイミングではプットが良い値で売れます。


<その売った保険を行使されそうになったら?>
 方法は3つあります。

(1)ヘッジする。
  サクソのXAU/USDのオプションは貴金属CFDと連動しているので、XAU/USDの売りをCFDで建てればヘッジ可能です。

(2)オプションを手放す。
  これは普通に損切ですね。

(3)覚悟して行使される。
  レバレッジが低ければこれが良くて、その先はカバードコールに移行します。

 カバードコールについてはコチラ
  


 ってな感じでどうだっ 判りやすくなっただろう!(とおもう)








この記事へのコメント