17/7/25までのCFTC取り組みとかみてみる。<ヘッジファンドの動向>

 今週の金相場は水曜日にFOMC声明があり、トレンドラインを割り込みかけましたが声明後踏ん張って5日平均線を維持し、金曜日まで上昇基調を継続中

 CFTC取り組み明細はNY火曜日のクローズ時点の残高ですのでFOMC声明を前にプレイヤーが様子見をしていた時点までが集計されています。

<日足チャート>


17年7月29日の記事用1.png





米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=差し引き残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。




大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)


<2017年>

01/03 96550 →1158.2ドル/オンス →822.16991

01/10 109482 →1187.5ドル/オンス →804.99622

01/17 107041 →1215.5ドル/オンス →807.95971

01/24 109407 →1209.4ドル/オンス →804.10765

01/31 119155 →1210.1ドル/オンス →799.0704

02/07 117149 →1233.1ドル/オンス →826.94823

02/14 109752 →1228.4ドル/オンス →840.8724

02/21 123763 →1234.8ドル/オンス →841.16869

02/28 163798 →1249.0ドル/オンス →841.16869

03/07 133685 →1216.1ドル/オンス →836.76609

03/14 106038 →1197.6ドル/オンス →834.98871

03/21 116252 →1244.5ドル/オンス →834.39642

03/28 137820 →1252.0ドル/オンス →833.50804

04/04 155436 →1256.5ドル/オンス →836.74699

04/11 172666 →1273.3ドル/オンス →838.26292

04/18 195768 →1288.8ドル/オンス →848.92117

04/25 200677 →1263.5ドル/オンス →854.25019

05/02 189634 →1256.5ドル/オンス →853.36125

05/09 150006 →1221.0ドル/オンス →851.89111

05/16 126724 →1236.4ドル/オンス →851.89111

05/23 159763 →1259.4ドル/オンス →847.45215

05/30 167090 →1262.5ドル/オンス →847.45215

06/06 204465 →1292.9ドル/オンス →855.16275

06/13 190274 →1254.3ドル/オンス →866.99799

06/20 150675 →1242.8ドル/オンス →853.68436

06/27 131672 →1248.7ドル/オンス →853.68427

07/03   93799 →1222.4ドル/オンス →846.28936

07/11 60260 →1215.8ドル/オンス →832.39075

07/18 60138 →1241.1ドル/オンス →821.44798

07/25 90831 →1249.8ドル/オンス →800.45113NEW

17年7月29日の記事用2.png

 米先物枚数は先週と比べてネットで約3万枚の増加
 うち9割がショートの解消によるものです。踏み上げ相場ですね。


 他方SPDRゴールドシェアの残高は減少が著しいです。


 先物枚数もさほどあるわけではない、ETF残高も減少している。
にも拘わらず金が上昇している⇒単純にドルが崩れているだけなのか?うーむ。







この記事へのコメント