17/06/13までのCFTCネットポジションを見てみよう。<ヘッジファンドの動向>




 6/2(金)に米雇用統計でサプライズが出てドルが急落、金相場の急伸は翌週6/6の火曜日まで続きました。

 そこで直近高値と並んだこともあり頭打ち感が出始め、FBIコミー元長官証言、イギリスの選挙などのイベントをこなしていくに従い急速に金が下落し、6/15にFOMCの記者会見で予定通りの0.25bpの利上げ

 これらのイベントをこなしていく過程で金は値を下げています。


<日足チャート>
17年6月17日の記事用1.png
6/16(金)にはスポットゴールドはより引け同時足でした。底打ちの気配?



<トレンドライン分析>
17年6月17日の記事用2.png
 トレンドラインを2本検討してみましたが、白で引いているものが確度高く、ピンクのは希望的観測
どちらで見てもまだ下落余地があることを示しています。





米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=買い残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。




大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)


<2017年>

01/03 96550 →1158.2ドル/オンス →822.16991

01/10 109482 →1187.5ドル/オンス →804.99622

01/17 107041 →1215.5ドル/オンス →807.95971

01/24 109407 →1209.4ドル/オンス →804.10765

01/31 119155 →1210.1ドル/オンス →799.0704

02/07 117149 →1233.1ドル/オンス →826.94823

02/14 109752 →1228.4ドル/オンス →840.8724

02/21 123763 →1234.8ドル/オンス →841.16869

02/28 163798 →1249.0ドル/オンス →841.16869

03/07 133685 →1216.1ドル/オンス →836.76609

03/14 106038 →1197.6ドル/オンス →834.98871

03/21 116252 →1244.5ドル/オンス →834.39642

03/28 137820 →1252.0ドル/オンス →833.50804

04/04 155436 →1256.5ドル/オンス →836.74699

04/11 172666 →1273.3ドル/オンス →838.26292

04/18 195768 →1288.8ドル/オンス →848.92117

04/25 200677 →1263.5ドル/オンス →854.25019

05/02 189634 →1256.5ドル/オンス →853.36125

05/09 150006 →1221.0ドル/オンス →851.89111

05/16 126724 →1236.4ドル/オンス →851.89111

05/23 159763 →1259.4ドル/オンス →847.45215

05/30 167090 →1262.5ドル/オンス →847.45215

06/06 204465 →1292.9ドル/オンス →855.16275

06/13 190274 →1254.3ドル/オンス →866.99799NEW

17年6月17日の記事用3.png






下落メドとしては1240ドル位かなー





この記事へのコメント