17/5/23までのCFTCネットポジションを見てみよう。<ヘッジファンドの動向>


Yamasha5010018_TP_V.jpg
5/7日にフランス大統領選で穏健のマクロン氏の当選。 北朝鮮有事は世界のプレイヤーにとっては割とどうでも良い ということで世界的にリスクオンに傾き、耐リスク資産であるゴールドは下落を続けました。11日木曜日にようやく自律反発して5日平均線を上へ切り今回の深押しもひと段落。

 ほっといても緩やかに上昇するだろうという状況でしたが、トランプ氏のIS機密情報漏洩を端緒に「ロシアゲート」と呼ばれるブラックスワンの登場により、ゴールドの上昇は加速されました。 正確には米株式市場とドルが下げたことによる裁定だったと思います。

 今回はそのゴールド急騰の前日までの集計です。


<日足チャート>
17年5月21日の記事1.png


米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=買い残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。




大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)


<2017年>

01/03 96550 →1158.2ドル/オンス →822.16991

01/10 109482 →1187.5ドル/オンス →804.99622

01/17 107041 →1215.5ドル/オンス →807.95971

01/24 109407 →1209.4ドル/オンス →804.10765

01/31 119155 →1210.1ドル/オンス →799.0704

02/07 117149 →1233.1ドル/オンス →826.94823

02/14 109752 →1228.4ドル/オンス →840.8724

02/21 123763 →1234.8ドル/オンス →841.16869

02/28 163798 →1249.0ドル/オンス →841.16869

03/07 133685 →1216.1ドル/オンス →836.76609

03/14 106038 →1197.6ドル/オンス →834.98871

03/21 116252 →1244.5ドル/オンス →834.39642

03/28 137820 →1252.0ドル/オンス →833.50804

04/04 155436 →1256.5ドル/オンス →836.74699

04/11 172666 →1273.3ドル/オンス →838.26292

04/18 195768 →1288.8ドル/オンス →848.92117

04/25 200677 →1263.5ドル/オンス →854.25019

05/02 189634 →1256.5ドル/オンス →853.36125

05/09 150006 →1221.0ドル/オンス →851.89111

05/16 126724 →1236.4ドル/オンス →851.89111

17年5月13日の記事2.png






この記事へのコメント