17/03/07までのCFTCネットポジションを見てみよう。ヘッジファンドの動向

 トランプ氏が3/1日本時間の11時に「気分が良くなるスピーチ」を議会でやった日は金は下押しして戻したのですが、その翌日から6連続陰線を付けました。

 昨日は雇用統計があって非農業部門雇用者数予想+20万人に対して+23.5万人と上振れしましたが、水曜日のADP雇用統計の結果から予想されていた範囲だったらしく、またトランプラリーのため市場はすでに織り込み済みだったようで新規に市場を動かす力はありませんでした。つまりこれが原因の金の下げはありませんでした。

 金は朝方から1200ドル/オンスを割り込む動きを見せていましたが、短期的な戻りを見せ1200ドルを回復しています。

 来週の動きではFOMCの記者会見が日本時間の16日未明に予定されており、利上げの確率は93%となっています。
17年3月11日の記事用3.png




今週の米先物ポジションの公表は下図赤矢印の範囲です。

17年3月11日の記事用2.png



米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=買い残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。




大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)


<2017年>

01/03 96550 →1158.2ドル/オンス →822.16991

01/10 109482 →1187.5ドル/オンス →804.99622

01/17 107041 →1215.5ドル/オンス →807.95971

01/24 109407 →1209.4ドル/オンス →804.10765

01/31 119155 →1210.1ドル/オンス →799.0704

02/07 117149 →1233.1ドル/オンス →826.94823

02/14 109752 →1228.4ドル/オンス →840.8724

02/21 123763 →1234.8ドル/オンス →841.16869

02/28 163798 →1249.0ドル/オンス →841.16869

03/07 133685 →1216.1ドル/オンス →836.76609NEW

 やはり2/21から積み上げられた先物は短期筋なので、3/2からの下げで逃げうせておりました。



17年3月11日.png





 先物10000枚(約30t)で相場に10ドルの影響力があるようで、このことから類推するに現在のリアルタイムな先物枚数は12万枚程度と考えられます。

 SPDRゴールドシェアは925.22tがリアルタイムな残高で昨日は約9t売却されました。





この記事へのコメント