貴金属バニラオプション(2) 買う? 売る?


我が家はレディーボーデン推しです。
昔は明治乳業で売っていましたが、最近ではロッテが販売しているんですね。
味も昔よりもアッサリして、硬さも柔らかくなっています。

005002000031.jpg

さてバニラオプションを取引できるようになったわけですが
いざ取引しようとして悩んでおります。
17年2月21日の記事用.png

どっち行くんだこれ?
トレンドも休んでいる状態ですね。

ドル高・株高なので普通は金安になるはずなのですが歪みがあるのか、金価格が相対的に平均回帰しただけなのか?



(1)プット(買う権利)とコール(売る権利)を両方買う。
買い指値を現在の水準の上、売り指値を現在の水準の下に置いているのと同じことになります。

整理券を買っているイメージです。
この整理券には期限があり、その期限の日に予定されている価格より上または下に大きく動いていたら利益が爆発的に伸びます。

期限内に予定されている価格にヒットしていなければ支払ったオプション代は損失になります。



(2)現在の水準よりずいぶん離れたプット(売る権利)を売る。
低い位置に買い指値を置くのと同義になります。

メリット:「整理券」の販売元となるのでその分の収益が期待できます。

リスク: しかし予定された水準をすっぽ抜けて下落したら、どんなに相場が安くとも予定されていた金額で買ってあげなければなりません。

 相場で売却するものを高値で仕入れさせられるわけです。




(3)現在の水準よりずいぶん離れたコール(買う権利)を売る。
高い位置に売り指値を置くのと同義になります。

メリット:「整理券」の販売元となるのでその分の収益が期待できます。

リスク: しかし予定された水準をぶち抜いて上昇したら、どんなに相場が高くとも予定された金額で売ってあげなくてはなりません。

 仕入れよりも売価が安い状態で赤字となります。







この記事へのコメント