17/2/14までのCFTCネットポジションを見てみよう。<ヘッジファンドの動向>

多忙すぎて更新がままなりませんが、先物取組高の監視だけはなんとか続けようと思っています。

 今週の出来事としては日本時間15日の未明に、イエレンFRB議長の議会証言で「3月のFOMCで利上げすることだってある」とか表明して、ドルが急伸、金は下押ししましたが、25日移動平均でサポートされて値を戻しました。17日(金)には上値抵抗のある1243ドル/オンス近辺へアタックをかけましたが突破できませんでした。
17年2月18日の記事用1.png


 下値は切りあがっているのでテクニカル的には、上値抵抗をブレイクして上へ向かうチャートなのですが阻害材料として3月FOMC(日本時間3/16未明)があります。 FOMCが意識されはじめると上値が途端に重くなるのでここから買いで入るなら、押し目を付けて下値支持線で支えられた部分、もしくは上値抵抗線を突破して相場が走っているところとなりますが、タイミングが難しいですね。


シナリオ主義で行動するなら「3月FOMC利上げ見送りシナリオ」


CMEのFEDウォッチで見る限り
 17年2月18日の記事用3.png

 FF金利先物参加者の見方は3月FOMCでは利上げは見送られる可能性が82.3%

これまでのFEDの傾向通りなら「サプライズを嫌う」ので、イエレン議長も口では勇ましくとも利上げには向かわないと見て、金が押し目をつけたら積極的に拾いに行って、3月16日のFEDの発表後に売り抜ける感じですかね。




さて先物のポジションです。

米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=買い残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。




大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)


<2017年>

01/03 96550 →1158.2ドル/オンス →822.16991

01/10 109482 →1187.5ドル/オンス →804.99622

01/17 107041 →1215.5ドル/オンス →807.95971

01/24 109407 →1209.4ドル/オンス →804.10765

01/31 119155 →1210.1ドル/オンス →799.0704

02/07 117149 →1233.1ドル/オンス →826.94823

02/14 109752 →1228.4ドル/オンス →840.8724NEW








17年2月18日の記事用2.png

 先物のプレイヤーは売り玉を増やしていますが、株式市場からのETFへの資金流入が急激で勢力が拮抗している状態です。








この記事へのコメント