17/01/24までのCFTCネットポジションを見てみよう。<ヘッジファンドの動向>

今週の金相場は23日に1218ドルを天井として跳ね返されたのち、調整に入った模様で25日に米ダウ平均が史上最高値の20000ドルを突破したことも売りに拍車をかけました。

しかし、27日には25日移動平均線で反発して週末を迎えています。
週末をはさんで月曜日には冷静さを取り戻すのではないかと思っています。

今回は天井を付けた日の翌日までのデータです。


17年1月28日の記事用2.png


米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=買い残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。




大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)


<2017年>

01/03 96550 →1158.2ドル/オンス →822.16991

01/10 109482 →1187.5ドル/オンス →804.99622

01/17 107041 →1215.5ドル/オンス →807.95971

01/24 109407 →1209.4ドル/オンス →804.10765NEW



17年1月28日の記事用1.png






この記事へのコメント