USD/TRY 凡ミスにより一時撤退します。

3159781659_5b0901a7ae.jpg

 本日の16時にトルコの消費者物価指数がバッドサプライズが出まして、本来両建てしていれば何にも問題はなかったのですが、実は年末に操作ミスしてて売りポジのみの裸のトルコリラになっておりました。

 結果損失を食らってしまった次第。


 レバレッジ10倍で挑んでおりましたが、ボラディリティーが激しくて「どうにも手間だな」と思っていたこともあり、一時撤退しようと思います。

 ヒロセ通商のトルコ円スワップ115円キャンペーンが終了したらUSD/TRYの両建てに再度挑むことになるでしょう。

 USD/TRYよ、首を洗って待っていろ!フゥーハハハっー!


この記事へのコメント

大王
2017年01月04日 19:00
なぜにMike.Tさまがこのようなミスを知りたい大王です。
ドルトルコは本当にボラが大きいので相当の注意が必要そうですね~
今年もよろしくお願い申し上げます。
Mike.T(管理人)
2017年01月04日 22:50
大王様
コメントありがとうございます。
いやいやお恥ずかしい、決済指値を入れるつもりが成り行き決済になってしまったのですよ。ヘッジ側(USD/TRYの買い)をです。

すぐに全決済するか両建てに戻せばよかったのですが、こうなるともうダメです。
強欲が支配して自分に都合の良いニュースばかりを検索するようになり、ポジションを引っ張ってしまうのです。

それで先日のバッドサプライズでようやく踏ん切りがついたという次第です。

おのれ自身が招いた災いですね。両建て自体は悪くないです。
masabou
2017年01月08日 12:04
Mikeさん

そうだったのですね。
慎重派のMikeさんもミスすることがあるのですね。
私も年末にセットしたトルコリラ円の買ポジ20万通過を裸で持っており両建てにするタイミングを図っているところです。

さてさてトランプ就任で為替がどう動くのでしょうか?

今年はお互い成功しましょう!
本年もよろしくお願い致します。
Mike.T
2017年01月09日 21:58
Masabouさん
コメントありがとうございます。
スワップ両建ては希薄な利益を長い時間で収集する手法ですからこういうミスは痛いですねー。
でもドルトルコが3.7に迫る勢いですからあそこで逃げを打って正解でした。くわばらくわばら