16/12/20までのCFTCネットポジションを見てみよう。<ヘッジファンドの動向>

現在の金相場は底値り中
SPDRゴールドシェアもここ1か月毎日残高を減少させています。

今回の開示は先週日本時間の15日にFOMCが利上げを決定してからの5営業日での変化です。



16年12月24日の記事用2.png




米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。

それの買いー売り=買い残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照

または第一商品のHPにもアップロードされています。


SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。


これと金価格を合わせて評価することで金を買うタイミングを探りたいという趣旨です。




大口投機玉(枚)→スポット市場終値  →SPDR金残高(t)

5/3  271648 →1286.1ドル/オンス →824.9428

5/10 264898 →1265.5ドル/オンス →839.9428

5/17 266288 →1278.0ドル/オンス →855.8858

5/24 206632 →1227.2ドル/オンス →868.6619

5/31 197135 →1215.2ドル/オンス →868.6619

6/7  228619 →1243.9ドル/オンス →881.1452

6/14 279862 →1285.7ドル/オンス →898.6711

6/21 292729 →1268.2ドル/オンス →912.3342

6/28 301920 →1310.9ドル/オンス →948.3806

7/5  315963 →1355.8ドル/オンス →982.7208

7/12 297463 →1333.1ドル/オンス →965.2262

7/19 285911 →1332.2ドル/オンス →965.2205

7/26 278955 →1319.8ドル/オンス →954.2348

8/2  294183 →1364.8ドル/オンス →969.97

8/9  286447 →1339.6ドル/オンス →972.6176

8/16 283851 →1346.1ドル/オンス →962.22761

8/23 294609 →1338.4ドル/オンス →958.3686

8/30 276341 →1311.6ドル/オンス →955.4006

9/6  307860 →1349.0ドル/オンス →952.13516

9/13 285413 →1318.0ドル/オンス →935.48907

9/20 256179 →1314.1ドル/オンス →938.75333

9/27 291904 →1327.5ドル/オンス →949.13874

10/4 245508 →1269.0ドル/オンス →947.95196

10/11 195219 →1253.4ドル/オンス →958.90227

10/18 179618 →1261.8ドル/オンス →967.20828

10/25 196980 →1273.7ドル/オンス →956.8264

11/1 215131 →1287.6ドル/オンス →945.25861

11/8 217238 →1275.5ドル/オンス →949.68756

11/15 177660 →1227.2ドル/オンス →927.44617

11/22 167085 →1212.0ドル/オンス →908.76482

11/29 151570 →1188.6ドル/オンス →883.85789

12/6 136380 →1169.3ドル/オンス →869.89662

12/13 129311 →1158.2ドル/オンス →856.25938

12/20 114834 →1131.0ドル/オンス →828.0981←NEW




16年12月24日の記事用1.png


米国がクリスマス休暇に入っているようで市場参加者が非常に少ない様子です。現在の金相場は米株式の逆相関が強いような感触です。

米株式がここまで急速に上昇したのはトランプ氏の企業・富裕層に有利な減税案に期待しての事なのですが、これが優先されるか、別の空席になっている米最高裁判事の任命問題が優先されるかで米株がグラつく恐れがあるようです。

マーケットハックの該当記事

マーケットハックの広瀬さんは「ここらで米国株は降りて休め」との意見をセミナーで主張されていますが、その証左なのか

コントラリアンジャパンのこの記事
興味深いことに、米企業のインサイダーはこのトランプラリーで持ち株を売り抜けています。

興味深いですねー






この記事へのコメント