USD/TRY 異業者両建て検証3 2週間が経過しました。


この記事は以下の記事の続きです。
<検討>
<開始>
<検証1>
<検証2>


USD/TRYについては週末に大分書いてきましたが今日がちょうど2週間なので平均スワップを出してみます。

16年11月28日記事1.png

朝のうちのスプレッドの開いている時間に書いているのでグレーの部分の損益はマイナスになりますが、これは夜には縮まりますので収益化は済んでいます。


USD/TRYの2.5万通貨両建て 2週間で3032円のスワップが抜けています。

これを平らにならすと
86.6円平均(一日 1万通貨あたり)

となります。


USD/TRYのスワップの懸念点は12月のFOMCから利上げ局面に入るため、来年のアメリカの利上げペースによっては金利差が縮小しサヤが抜けなくなる恐れがあります。


他方、トルコのエルドアン大統領はトルコの金利を上げることには消極的です。
ただ先週トルコ中銀は+0.5%の利上げをサプライズで行っています。

これは中央銀行の独立が確認されたわけで、中銀のセオリーとしてはドル高時にトルコから資金流出せぬようにトルコも利上げ局面になるはずです。(ただしこれは楽観的なシナリオです。)


あとここまでトランプ相場でドルが一方的に強かったですが、ここから幾分か戻す気配があります。
トレードも交えるならここで一度「買い」建てを外したくなりますが・・・





この記事へのコメント

2016年11月28日 20:59
Mikeさん
USD/TRYのサヤ取り順調ですね!
TRY/JPNが1日1万通貨あたり45円ですから倍近くの効率でしょうか。十分に魅力的ですね。
あとはアメリカの利上げ後の為替変動が気になるところですね。
Mike.T(管理人)
2016年11月29日 09:51
Masabouさん。コメントありがとうございます。

今のところ事故なく運転しています。

効率的には2倍なのですが手間のかかり方は「太陽光発電」と「原発」くらい差があるように思います。

トランプ相場の最中に始めるのが悪いんですけどね。
Mike.T(管理人)
2016年11月29日 09:55
USD/TRY1万通貨単位は約3.3万トルコリラの取引で、それをヒロセよりも少ない証拠金で運用するので管理が大変なのは当たり前なんですけどね。
2016年12月23日 14:08
はじめまして
ぽてとまとと申します。

大王様のブログからリンクにてお邪魔しました。
現在TRY/JPYのアービトラージを私も実践しております。

USD/TRYにも興味があるのですが、ボラが凄まじすぎて二の足をふんでいるところ、Mike.T様のブログに出会いました。

実際に現在進行系でUSD/TRYでアービトラージをなされている方の様子を伺えてとてもありがたく思います。

今後共よろしくお願い致します。

Mike.T
2016年12月24日 19:03
ぼてとまとさん
いらっしゃいませー

当ブログは金投資ブログなのですが何故かトルコリラにも手を染めております。

USD/TRYはおっしゃる通りボラが凄くてですね、止せば良いのにトランプラリーでそれはそれは忙しいものです。

TRY/JPNが太陽光発電ならUSD/TRYは原発のようです。それでいて原発ほどパワーがあるわけでもないので、本来トレード向けのペアなんだと思いますよー