9月利上げの可能性があるってホントですか?


昨日マネックス証券で広瀬隆雄さんのセミナーがありまして
私はファンなので視聴したわけですよ。

そしたら
『9月2日の雇用統計で非農業部門雇用者数(NFP)が+19万人を超えたらFEDは利上げする。』とのお話でした。

根拠はジョン・ヒルゼンラースがそう言ったというものです。
この人です。>男前ですな。
jon-hilsenrath-1.png

 この人はウォールストリートジャーナルのFED担当記者で、一説にはFEDは彼の口を利用してその意思を市場に流していると言われています。

 FRB議長がバーナンキ氏だったころ、記者会見でヒルゼンラース氏が質問するとバーナンキ氏が「Thanks John」と言ってから回答していたというエピソードもあったり

『操り人形』とか『FED公式スピーカー』とか言われている人物です。

 その彼の口からそのような発言が出たということは
『FEDがそう言わせている』

という憶測を呼びます。

「利上げにあたってサプライズを好まない」
というFEDの性格からいってもあり得る話です。

それが事実か、神話に過ぎないのか?
という点は置いといてヒルゼンラース氏の発言で事実相場が動くことが大事

そして雇用統計後にCMEのFEDウォッチがどう変化するかが大事
http://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html

そして私にとっては雇用統計後の市場は揉み合わずに一方通行の相場になるのが望ましいわけで。

面白いことになる予感





この記事へのコメント