FXは好かんのですが、最近FXまがい取引ばかり

今日は社労士試験受けてきました。
いやいや、回答速報を帰りに貰って自己採点した限りでは足切りに掛かりましたね。初めての受験でしたがかなり本気で取り組んだだけに残念至極。
しかし、受験者の皆さんが「ヒデェ、運ゲーじゃん!」とブーブー言ってる労一は取れて、条文通りだった雇用がダメダメというある意味私らしいヒネくれた点の落とし方でしたわ。

それはさて置き、私がやってるトレードって、最近は金CFDでの指標と要人発言での短期売買だから

「それってFXと同じじゃねえの?」

というムキもあるかと思いますので言い訳しときますと、

○ 金CFDはFXを10年やっても勝てなかった私でも勝ててしまいます。

理由を考察してみると

⑴アメリカだけ見ときゃいい。
 FXは2国間の通貨のバランスですから、2国の政策の影響をうけますが、ドル建て金はアメリカvs無国籍ですので、気にするべきはアメリカのみです。

もっと言うと
雇用統計
FOMC声明
FOMCの議事録
FRB議長の公演

この4つ以外はほぼ無反応なので、ちょっとテクニカルがわかる人ならFXより随分簡単に感じる事でしょう。

⑵原資産の単位が小さい。
ほとんどの金CFDが1ロット1オンスで小口化されてます。
14万円も口座にいれときゃレバレッジ1です。

1000通貨単位のドル円みたいなもんですが値動きはもう少しあるので取り易いです。

⑶実体があるので下値メドが分かってる。
 ボカスカに売り込まれても1050ドル/オンスがとりあえずの底

1050ってのは2015年12月に先物プレイヤーがほとんど手を引いたときの水準です。

最悪そこを割れても金は生産コストを割ると鉱山が生産出来なくなりますからその辺で止まりますでしょう。

2014年の生産コストは1200ドル位でしたが、最近はだいぶ鉱山が努力しちゃって800ドル台だったと存じます。

(4)カンペがある。
私が毎週土曜日にみてグラフにしている、CFTCのネットポジションとかETF残高とか

私が最近「見」ばかりなのはあのグラフの水色の棒が伸びきったまま縮んでないからなんですわ。

あれがズドーンと下がって停止したタイミングで大量に買い付けたい。もう全資産を投入して大勝負したい。
それまではヒットアンドアウェイの指標トレードです。

あとはトルコリラを安全運転ですね。







この記事へのコメント