8/10に下げた原油は11日に全戻しはサウジの発言

16年8月12日の記事用.png

8/10に原油相場が調整した後、11日に全部戻してしまったのを疑問に思っていたのですが
サウジアラビアが発言したらしいです。
 要約すると過去最大の原油大増産をしたサウジを始めとしたOPEC諸国ですが、ここに至って生産量を少し絞る用意があると発言したようです。

 額面通り信じるならば原油は「黒いゴールド」になるかもしれません。って大袈裟か。

ソースはこちら

Oil prices spiked Thursday after Saudi Arabia suggested the world's top oil exporter could take action to help prop up the market. Oil Minster Khalid al-Falih said the kingdom is "watching the market closely, and if there is a need to take any action to help the market rebalance, then we would, of course in cooperation with OPEC and major non-OPEC exporters." U.S. crude climbed 4.3% to $43.49 a barrel after rising 5% intraday. It's the highest close since July 22. Brent surged 4.5% to $46.04 a barrel, the highest finish since July 21. An output freeze could come at an informal meeting that will take place on the sidelines of the International Energy Forum Sept. 26 to 28 in Algeria.
<訳は私の超訳なので誤りがあるかも。悪しからず。>

Khalid al-Falih サウジ原油相の
「原油相場を注視している。市場の正常化で対策が必要とあらば、それをするだろう。もちろんOPECと非OPECの主な産油国と連携してのことだ。」
という発言の後、木曜日の原油価格は急上昇、米産原油は場中に5%の上昇を見せた後、4.3%上昇の43.49ドルで引けた。これは7月22日以降最も高い引け値である。 ブレント原油は4.5%上昇して46.04ドルで7/21以降最高の引け値である。

生産調整の話題はは9月26日~28日にかけてのアルジェリアで開催される国際エネルギーフォーラムの非公式ミーティングで提示されるだろう。


The Wall Street Journal reported Friday that Venezuela, Ecuador and Kuwait want to bring a production freeze to the table and that a deal could be reached at the forum. But Russia's Energy Minister Alexander Novak he didn't see a reason for renewing freeze talks.

8/5(金)のウォールストリートジャーナルによればベネズエラ、エクアドル、クウェートが生産調整の意向を持っており、その話題が会議に持ち出されるだろう。しかしロシアエネルギー相のAlexandar Novak氏は生産調整に意味を見いだしていないという。

Earlier Thursday, the International Energy Agency said the oil glut has disappeared, but it warned of weaker demand on a "dimmer macroeconomic outlook" in 2017 but Saudi Arabia could help broker an oil freeze that would ease future oversupply.

木曜日の午前に国際エネルギー機関(IEA)が2017年の需給見通しを発表した。
「原油供給は絞られて来たが2017年の見通しとして原油の需要も弱い。しかしサウジが生産調整により過剰供給を抑えることで仲買人を支えることができる。」

In its monthly report, the IEA said it sees 2017 global demand growth of 1.2 million barrels a day, down from 1.4 million barrels a day this year. Still the demand growth is "above-trend," according to the report.
The IEA also said that oil markets are balancing and that demand started outpacing production in July by nearly 1 million barrels a day.
"Our balances show essentially no oversupply during the second half of the year," the IEA wrote.

そのIEAの月間レポートによれば2017年の世界の原油需要の伸びは120万バレル/日で今年の140万バレル/日には劣るがまだ需要は上向きである。
IEAはこうも言っている。
原油市場は需給が均衡しつつあり需要は供給に追いつこうとしている。7月には100万バレル/日であった。(訳者注:なんかこの辺は意味が通らないんだよなー。日量100万バレルのペースで需要が伸びているということかや?)
「この需給均衡は今年の下半期に供給過剰にならないことが必要不可欠である。」

Shale producers and others outside the Organization of the Petroleum Exporting Countries have scaled back output, easing the glut, along with outages from Canada, Nigeria and Libya.

 シェール業者や機構に加入していない産油国はカナダ、ナイジェリア、リビアの生産停止に伴い息を吹き返している。(訳者注:カナダは油井近くで山火事。ナイジェリアは判りませんがリビアはカダフィ失脚後まともに運営できていない様子です。)

But OPEC countries are continuing to produce at peak levels. On Wednesday, the cartel said that Saudi Arabia, OPEC's top exporter, raised its production to 10.67 million barrels per day in July, a record high. Total OPEC production was up 46,000 barrels per day to 33.11 million barrels.

 しかしOPECは限界一杯の生産を続けており、OPEC最大の輸出国であるサウジは7月に1067万バレル/日に生産量を引き上げたと言う。これは過去最高である。OPEC全体の生産高は4.6万バレル/日から3311万バレル/日に引きあがった。

Unlike the IEA, OPEC left its 2017 demand outlook unchanged at 95.41 million barrels per day, though that is still up from this year's forecast of 94.26 million barrels per day.

IEAと違いOPECは2017年の需要見通しを据え置き、日量9541万バレルと見ている。
これは今年の9426万バレル/日という見通しよりもまだ多い数値だ。





この記事へのコメント