8月第一週 5日の21:30まではトレンドフォローで行きます。

16年8月1日用.png


先週は7/27にFOMCの声明で『利上げ無し』
それを受けて陽線を付けた金相場は間の28日を挟んで29日に再び陽線をつけ
テクニカル的には25日移動平均を上向けブレイクというキレイな形です。
ただ29日の陽線は金が買われたというより、ドルが全通貨に対して弱くなったのが原因と見ています。

5日に雇用統計が控えているので賞味期限は短いものの短期売買で遊んで見ても良いかもしれません。

5日になったらノンポジ推奨です。
21:30の雇用統計は結果が事前予想とぶれるのが通例ですので
ポジティブサプライズが出た場合、そこから金相場は再び調整局面に入ることが考えられます。

というか入ってほしいなー。
結構今の金相場は難しいと考えています。
長期でみるなら、アメリカは弱いドルを志向したいようですし、米ドルに金利が付くにしても「高金利通貨は売られる」というのが為替のセオリーですから長い目線で挑むなら『ゴールド買い』で良いはずです。

問題は『いつ買うか』
それだけなのです。


いま金以外では原油が面白そうです。
原油相場は現在調整局面の終盤に来ているように見えます。

底を確認したらエクソンモービル(XOM)の株を買えば値幅が取れそうです。
XOMは世界最大のオイルメジャーで超優良企業ですが、カナダの山火事の影響で珍しく悪い決算を出しました。
これはとても買い得に見えます。





この記事へのコメント