28日27時のFOMC声明と相場の影響

30分足のチャート
16年7月29日の記事用.png

7月26-27で開かれていたFOMCが終了し、結果はコンセンサス通り金利据え置きでした。
この発表前後1分だけドルが強くなって相場を揺らしたあと金は15ドルの上昇。ETFには反応が見られないので先物の仕業ですな。金が買われてドルが売られました。

が、この先は

<日経電子版からの引用>
 FF金利の誘導目標を調整する今後の時期と規模を判断するにあたっては、FOMCは雇用の最大化と物価上昇率2%という目標との比較で経済情勢の実績と見通しを評価していく。労働市場の状況に関する指標や、インフレ圧力・インフレ予想の指標、金融動向や国際情勢を含めた幅広い情報を考慮して判断していく。物価上昇率が現時点で2%に届いていないことから、目標達成に向けた実際の進捗と予想を注意深く観察する。FOMCは、経済情勢はFF金利の緩やかな引き上げのみを許すようなかたちで進むと予測している。FF金利は当面、FOMCが長期的に通常とみる水準以下に維持される可能性が高い。ただし、実際のFF金利の上がり方は、データが伝える経済見通し次第だ。
<引用ここまで>

ということで『利上げ』テーマ再燃の模様。
判断がむつかしい局面ですから積極的に売り建てする気にはなりませんが、売り仕掛けする際は慎重に。





ドルが弱くなったのに原油が下がっているのが気になります。
そのためエクソンモービルのようなオイルメジャーの株が下がっています。

エクソンモービルは非常に強固な会社なので、ここは買場かもしれません。
でも逆張りは嫌いなので底を確認した後、陽線が2回続くまで待ちます。


この記事へのコメント