SPDRゴールドシェア(証券コード1326)

SPDR ロゴ.png

SPDRと書いてスパイダーと読む。
世界最大のゴールドETFとして有名です。
http://www.spdrgoldshares.com/japan/japanese/

主市場はNYで、日本でも証券コード1326で上場されているので買うことができるのですが
このETFは世界最大であるが故に保有金重量が注目されます。

SPDRのサイトから2008年以降の日々の保有重量と金価格のデータがダウンロードできるのですがすごいデータ量です。
とりあえず各月の末日の金価格(ドル/オンス)とSPDRの保有重量(t)でグラフを作りました。

SPDR gold shere.png

2010年の5月に保有量が1200tを超えた後、価格の上昇と金保有量の間で相関が弱くなっています。
そして2013年の3月を最後に1200tを割り込み、それ以後は価格との相関を取り戻しています。

このETFで残高が伸びなくなったら、その先は価格が上昇していても警戒が必要となります。

つまりこのETFの使い方は
現在の相場が

『下げても一時的な』

相場なのか

『下げ始めると殺される』(価格が下がって、ETFの保有重量も下がってると底なし沼になる)

のかの判断に使えると見ます。

もちろん完全ではありません。あくまで金市場の一断面に過ぎないわけですから。

















 



この記事へのコメント