金現物投資、どこのメーカーの何グラムを買うか

ざっくり言うと⇒高レートで+即金で買い取りしてもらいやすいブランドの100g~200gが〇


<総合すると金現物というのは>
・売却時に200万を超えない重量の取引を
・即金で買い取る業者に買い取らせる。(できれば50万以上の差益がでる状態で)
場合にメリットを最大化できるわけです。



 50万以上の差益を出すというのはそれはそれは気が遠くなるような先の話ですが、これが実現するシナリオというのは社会情勢があまり芳しくない状態になっているということで(貨幣が今以上に希薄化しているわけで)実現しないほうが良いのかもしれません。その場合は株なんかで儲けて下さい。(ポリシーミックスですから)

 つまり金現物投資というのはもしもの場合に守りとして作用する類のもので、積極的に資産運用するという類のものではないのです。

<金現物のメリット>
・日本政府がブッつぶれても価値が担保される。
・銀行システムがぶっ壊れても現物持っているから関係ない。
・マイナンバー制度が国税の資産把握に用いられても、金現物は関係ない。
・円安が進んでも米ドルが崩壊しても価値が安定している。


<デメリット>
・手数料や売買価格差が高いので儲けるまでには一苦労⇒必然的に長期投資になる。
・換金に際して銀行振り込みになる業者が多い(マイナンバー制度の進行次第では大問題)
・換金時に総額200万円を超える取引は国税に支払い調書を提出されてしまう。
・売買差益は譲渡所得として総合課税(ただし年50万の控除あり)

 方針としては100g~200gインゴットのBUY&FORGETが良いように思います。
これより軽い重量では売買価格差(スプレッド)や手数料率が高すぎて利が乗り難く、逆に重い重量だと必要資金が大きい上に、支払調書を提出されてしまうリスクが発生します。

 500gバーや1kgバーの売買手数料無料は魅力ではありますが、現在のレートでも1取引で200万を超えてしまいますから国税の調査対象になってしまいます。(確定申告して納税すれば大丈夫です)


 さてメーカー選びですが基本的には買取時には自社ブランドの地金を最も高いレートをつけ、他ブランドはレートを割り引かれるはずです。 しかし貴金属流通協会加盟ブランドならその加盟店同士では共通のレートが適用されます。
 加えてLBMA(ロンドン貴金属市場協会)の認定を受けている業者が望ましいです。すると

・田中貴金属
・石福金属興業
・徳力本店
・三菱マテリアル

 あたりの製品が良いのですが田中貴金属は手数料がボッタくり価格の16200円(他の3ブランドは5400円)なので他の3ブランドに照準を合わせると良いでしょう。

<プレス(圧延)とモールド(鋳造)>
IMG_0691 (1).JPG

左が徳力のプレス50g、右が田中のモールド100g
一見プレスの方が大きく見え光沢もあって美しいのですが、モールドの方が刻印に傷が入りにくく買取有利です。
100gだとプレスの製品がほとんどかと思いますので保管時には傷が付かないように気をつけてください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村


この記事へのコメント