ポジションを仕切り直し>再びショートストラングルへ

 金相場のみを切り取ってテクニカル分析をすると上昇チャンネルは3/1に敗れており、ドル建てゴールドは今回も1350ドル/オンスを取り返すことができていません。  例年のことを考えるとこの後はトレンドを形成することなくグダグダするのでマイナススワップを食い続けるCFDのポジションをクローズして、ショートストラングルを組むことにしまし…

続きを読むread more

19/03/26までのCFTCの取組<ヘッジファンドの動向>と今回の下げは押し目足りえるのか?

 今週の金相場は3/28日に5日平均線、25日平均線を一気に割り込む”キツイ下げ”がありました。状況は複雑でよくわからないというのが正直なところですがニュースを咀嚼するに 不安定な欧州のユーロ安→相対的ドル高→相対的金安→先物のロスカットということだったと考えます。 それはそれとして、今回の下げで買って良いのかどうなのか を考える…

続きを読むread more

19/03/19までのFOMCの取り組みとか見てみる。<ヘッジファンドの動向>

今週はFOMCがありFRBは本年の利上げ回数0というのを追認した格好になりドルは弱含みました。おかげでドル建て商品であるゴールドはファンダメンタル的にも、チャートをご覧のようにテクニカル的にも強くなっております。 <CFTCは先週の水~今週の火曜日までの集計>米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点で…

続きを読むread more

19/3/12までのCFTCの取り組みとか見てみる。<ヘッジファンドの動向>

現状テクニカル的には移動平均線が上値抵抗となっており明確にブレイクする感じでもない。5日線と25日線がもう少し接近してレンジの幅がもっと狭くなるまで日柄調整が必要な感じです。 <CFTCは先週の水~今週の火曜日までの集計>米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。それの買いー売…

続きを読むread more

2019/3/5までのCFTCの取り組みとか見てみる。<ヘッジファンドの動向>

連邦政府の閉鎖に伴いCOTの発表も停止されていたのですが、久しぶりに平常運転に戻ったので更新です。 <CFTCは先週の水~今週の火曜日までの集計>米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。それの買いー売り=差し引き残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラ…

続きを読むread more

金オプション>結局このようにしてあるが・・・・

どうもゴールドが軟調です。かといってここから大崩れする感じでもないので考えこんでいます。 そこで1300ドルコールの8/4日満期のものを売って様子を見ています。 これはカバードコールの状態なのでリスクは低いのですが、上昇した際に1300ドルよりも上の値幅を犠牲にしています。 またゴールドロングのポジションはマイナススワップが重いの…

続きを読むread more