そういや株式CFDの検証するんじゃなかったけ?

GMOクリック証券で米国株CFDを取引してみた検証です。 ビビりなんであまりレバレッジをかけずに買い持ちしています。 (画像クリックで拡大) P&Gとマクドナルド買うと7/1に言っていたのですが P&Gは早々に利食って、代わりにデュポン(DD)を購入しています。 株式CFDで購入すると、手数料無料、為替差損…

続きを読むread more

7月19日までのCFTCネットポジションを見てみよう。<ヘッジファンドの動向>

米国時間の金曜夜に米先物取引委員会(CFTC)がその週の火曜日終了時点での取引残高を公開します。 それの買いー売り=買い残高をネットポジションと呼ぶのですが調べ方については、コチラの記事を参照。 SPDRゴールドシェアは世界で一番大きい金ETFで毎日その保有金残高が公表されています。 これと金価格を合わせて評価…

続きを読むread more

金鉱株に再度取り組む(3)<オペレーティング・レバレッジ2>

昨日の金市場は一昨日と逆に15ドル/オンス戻しました。約1.2%上昇しました。 それをうけて金鉱株も画像のように浮かび上がっています。 株式の場合、オペレーティングレバレッジがかかっていると言われています。 (和訳すると営業レバレッジですかね。レバレッジってのが和訳がねぇんす) 会社ってのは地代家賃人件費その他の…

続きを読むread more

金鉱株に再度取り組む(2)<オペレーティング・レバレッジ>

昨日は15ドル/オンスほど金相場が調整して この調整幅はここ最近のダラダラ調整としては大きい方ですがそれでも比率にすると1.2%程度の下げに過ぎません。 昨日はアメリカで最大の金鉱会社 ニューモントマイニング(NEM)の第二四半期決算発表がありました。 全てにおいて予想を上回る良い内容だったみたいなのですが 株価は…

続きを読むread more

金相場調整中なので金鉱株に再度取り組む。<銘柄調査>

そろそろ米国株式市場に過熱感が出ている感じですが金相場はいまだ調整中。 この機会に金鉱株を再度洗ってみても良いかもしれません。 しかし 「米国の株なんて知らないもん」 というのが普通なので、銘柄調査の方法をザックリといたします。 まずはFINVIZにアクセスします。http://finviz.com/ そして画面…

続きを読むread more

ただの日記

週末にトルコのクーデター騒ぎがあったものの金相場に影響なし。 つまりダラダラした調整を続けています。 トルコは11年前に訪ねたことがあって、近いうちに再訪したかったのですがチョイと不安定ですね。 こうなるともう相場としては見ているだけなので退屈ーなのです。 なるほど、豊島逸夫氏や池水雄一氏が金と関係のない…

続きを読むread more